ランボルギーニ Revuelto(レヴェルト)価格やリセールバリュー、納車時期など

PR 商品の紹介を含みます

スポンサーリンク
エンタメ
この記事は約7分で読めます。

ランボルギーニは、歴代のスーパーカーで有名なイタリアの高級自動車メーカーです。
代表的なモデルとしては、ミウラ、カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴ、ガヤルド、ウラカン、アヴェンタドール、ウルスなどがあります。

ランボルギーニの新型スーパーカー、レヴェルトについて検索しているあなたは、レヴェルトの性能や価格、前モデルであるアヴェンタドールとの比較などについて知りたいと思っているのでしょう。
残念ながら、ランボルギーニのスーパーカーは高価で、多くの人にとって手が届かない存在ですが、この記事ではできるだけ分かりやすく解説していきます。

ランボルギーニの新型スーパーカー、レヴェルトは、前モデルのアヴェンタドールよりも性能が向上しており、高価格帯のスーパーカー市場で注目されています。この記事では、レヴェルトの投資価値に焦点を当て、アヴェンタドールとの比較、性能、価格、リセールバリュー、日本での発売時期について解説します。

管理人
管理人

ここまでは、今流行りのChatGPTが生成してます。
この後、記事まで生成させましたが、流石に新型車に関してはデタラメだったので、本サイトや関連記事を参考に、公式カタログ値などを参考にして記事にしました。

アヴェンタドールとの比較などサラッと把握できる記事です。

プロサングエに似てる?!
国産だけどレクサスの新型車LBXについても気になる方はこちら。

レヴェルトの概要

Lamborghiniは、創立60周年を前に、初のHPEV(ハイパフォーマンスEV)ハイブリッド・スーパースポーツカー、Revueltoを発表しました。 LamborghiniはRevueltoを以てして、性能、車載テクノロジー、そしてドライビング・プレジャーにおける新たな基準を打ち立てます。Revueltoは、新開発の12気筒エンジンと、3台の高密度電気モーター、革新的な横置きデュアルクラッチ eギアボックスを組み合わせたパワートレインにより、合計出力1,015psを実現し、最高のスリルをお届けします。ハイブリッド化によるパワーを利用して、パフォーマンスとドライビング・エモーションをかつてないレベルにまで高めます。

ランボルギーニ公式HPより引用

ざっくり言うと、ランボルギーニ社のアヴェンタドールの後継となる新フラッグシップモデル
公式サイトのモデル一覧からもアヴェンタドールは消えています・・・

名前の由来について、ランボルギーニはモデル名に闘牛由来の名前をつけるのが慣例で、今回のレヴェルトも闘牛由来らしい。

Revuelto:スペイン語の形容詞としては「かき混ぜた」と言う意味らしく、既存V12(内燃動力)とモーター(電気動力)をミックスしたと言う意味でしょうか?

管理人
管理人

V12エンジン+3モーターで1000馬力超えのPHEV(ランボルギーニ呼称:HPEV)
アヴェンタドールに強力なモーターが3つもついた感じ。ヤバすぎる。。。

公式動画。カッコ良い。

アヴェンタドールとの比較

単純には比較できませんが。。。
前フラッグシップモデルであるアヴェンタドールのULTIMAE超簡単に比較しました。

 REVUELTOアヴェンタドール(ULTIMAE)
最高速度350 km/h355 km/h
エンジン6.5L V12(HPEV)6.5L V12
最高出力1,015 hp(コルサモード)780 hp
0-100 km/h加速2.5秒2.8秒
車両重量1, 772kg1,550 kg
サイズ
(全長×全幅×全高)
4,947 mm×2,266 mm×1,160 mm4,868 mm×2,098 mm×1,136 mm
価 格7,400万円以上(予測)5,454万円以上

最高速度は多分もっと出るかと思いますが(?)一応公表値は350Kmとなっています。
最高出力はエンジンとモーター合わさって1,000馬力を超え加速もモーターのおかげで速くなっています。(F1かよ)0-400m期待です。
顔つきや後ろ姿は大きく変わり、大きさも全体的に大きくなっています。
詳細は公式サイトを参照
重量はハイブリッド化しているので増加していますが、モーター3基も付いてこれくらいの増加で抑えているのはボディを軽量化したからとの事。

内燃エンジン最後のモデルとなった、アヴェンタドール ULITIMAE
発表後、即完売したようで、大切にしてれば将来リセールも最強になりそうです。
オーナーが羨ましい・・・

レヴェルトの価格

すでに比較表で書いていますが、正式発表前なので正確にはまだわかりません。
予測で7,400万円以上とされているので、オプションなど含めると1億円近く行くかも?!
そうなると、ライバル車となるであろうフェラーリのSF90より1,000万円以上高額となります。
SF90かレヴェルトか
いつか、そう言う悩みを持ってみたいものです・・・

リセールバリュー

気になるリセールに関してですが、限定モノとかではないので正直そんなにリセールは良くないかと想像します。
今回のレヴェルトはPHEVモデルのベースだろうし、この後ランボルギーニ社が完全にEVに移行していくためのステップのための量販車と考えると、将来的な価値はどうでしょう?
この後、もし限定生産のスパイダーモデルなど出れば、そのスパイダーはリセール高くなりそうですが・・・
個人的には、アヴェンタドールの最終形ULTIMAEの方が欲しいし、将来的な価値は確実に上がるでしょう。

日本での発売時期

こちらもまだ未定。
現時点では量産前のヨーロッパでの認証前段階らしく、日本での販売、納車時期は早くても2年後くらいかと予想します。
カーグラフィックの西川 淳さんの記事によると、一日に7台のレヴエルトが生産され、しばらくは年産1500台ペースと言うことらしいです。

まとめと参考リンク集

今回のレヴェルト、個人的に見た目は好きな部類です。
アヴェンタドールと比べて顔つきは少しおとなしくなったかな?
とはいえ、まだまだ凶暴な顔つきしていますが。
見た目で大きく変わったのはリア周りでしょうね。
エンジンは剥き出しになっているし、マフラーは上に付いているし、相当特徴的になりました。
雨降ったらどうしようなど考えません。(そんな天候でドライブするクルマじゃないと)

ただ、リセールに関してはちょっと期待できないかなと思います。
ランボルギーニ社が、
「2028年の完全電動化に向けてこれ以降絶対にPHEVは出しません!」
とか発表すれば完全に買い。ですが、そういうことも無さそうだし、ライバルのフェラーリがすでに2車種もPHEV出していて、追随するだろうし、今回のレヴェルトに関しては、リセールなど期待せず純粋にランボルギーニ初のHPEV(ハイパフォーマンスEV)に期待した方が良さそうです。

コルサモードで9,600回転までぶん回した時のV12サウンドが一番の価値かと思います。
エンジン音は公式サイトで一応聞けます。

アヴェンタドールULTIMAE 公式サイト
WEB CG レヴェルトについて現地取材されていて、一番信頼性のある記事だと思います。
THE MOTOR WEEKLY マニアックな仕様など知りたい方向け。

3万円で手に入るカッコいいレヴェルトはこちら!Amazonでチェック!

ミニカー 1/18 ランボルギーニ レヴェルト レベルト マイスト MAISTO 1/18 LAMBORGHINI REVUELTO HYBRID 2023 VULCANO MATT GREY 31463-06488-GREY [並行輸入品]


ミニカー 1/18 ランボルギーニ レヴェルト レベルト マイスト MAISTO 1/18 LAMBORGHINI REVUELTO HYBRID 2023 VULCANO MATT GREY 31463-06488-GREY [並行輸入品]
いつものマットの動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました