クーリッシュGreenついにクーリッシュも植物系に!「植物性ミルク」とは?美味しいのか?

PR 商品の紹介を含みます

スポンサーリンク
グルメ
この記事は約6分で読めます。

乳製品じゃない!アイスのNEXT NEW STANDARD!?

乳「代替」ではなく、アイス界のど真ん中を狙うクーリッシュの挑戦

40代も気になる「身体に良いこと」シリーズ。

前回はモスバーガーのソイバーガーカニの代替商品を紹介しましたが、

今回はスイーツです。


ロッテのクーリッシュといえば、独特の食感と、あの甘すぎない味でお気に入りです。そんなクーリッシュから新商品が登場したとの事、しかもアイスなのに「植物系」!?

今回もロッテさんのプレスリリースの発表を基に、乳製品ではない「植物系クーリッシュ」

40代大人のおやつに最適か?!今話題のクーリッシュGreenについて調べました!

新クーリッシュGreen
新クーリッシュGreen
  • 2003年に微細氷の特許技術を使って、“飲むアイス”という新たなスタンダードを作ったクーリッシュから、誕生20周年となる2023年に新たな挑戦がスタートします。「植物性ミルクでも、美味しさはそのまま!」をテーマに開発した、子どもから大人までより多くの人たちに美味しく楽しんでもらえる商品です。食のダイバーシティ化や環境配慮を背景とした、アイス界のNEXT NEW STANDARDを目指す新しいクーリッシュをぜひお楽しみください。
ロッテプレスリリースより一部抜粋引用

<『クーリッシュGreen』シリーズの特長>

新クーリッシュ
新クーリッシュ
  1. 「植物性ミルクで仕上げても、美味しさはそのまま!」をテーマに開発した新しいクーリッシュです。
  2. 豆乳とえんどう豆由来の植物性ミルクを使用しています。
  3. 大豆由来の独特な香りや風味をおさえて、飲みやすくしています。
  4. クーリッシュの新ラインアップとして、レギュラー品とは異なるナチュラルな世界観を表現したデザインです。

クーリッシュGreenバニラのこだわりをご紹介

3つのポイント

新クーリッシュ開発秘話

「クーリッシュGreen」のマーケティング担当者と研究担当者が語る。
商品へのこだわり、開発秘話についてのインタビュー

動画からも抜粋すると、
普通のアイス以上に美味しくすることにこだわり、これが確立できなければ世に出すつもりはなかった。

・隠し味の醤油は旨味・塩味という部分で、数ある醤油の中からこだわりの醤油を見つけた

・通常より少し柔らかいデザイン。

アイスのNEXT Newスターンダードを狙っている

らしいです。相当気合入ってますね!

クーリッシュGreenバニラ継続購入意向者の95%がその美味しさを実感!

クーリッシュGreen バニラ
クーリッシュGreen バニラ

商品名:クーリッシュGreen バニラ
発売日:2023年3月27日(月)
販売地区:全国(コンビニエンスストア除く)
種類別名称:氷菓
内容量:135ml
価格:オープンプライス

豆乳とえんどう豆由来の植物性ミルクを使用したなめらかなバニラの味わいが楽しめます。

クーリッシュGreen ストロベリー
クーリッシュGreen ストロベリー

商品名:クーリッシュGreen ストロベリー
発売日:2023年3月27日(月)
販売地区:全国(一部企業店舗限定・コンビニエンスストア除く)
種類別名称:氷菓
内容量:135ml
価格:オープンプライス
豆乳とえんどう豆由来の植物性ミルクに、ほどよい酸味のストロベリーの味わいが加わり、コクがあって後味すっきり楽しめます。※ストロベリー果汁5%

植物性ミルクのアイスについて

植物性ミルクのアイスクリームについては、最近では市場で広く見られるようになってきています。
これらのアイスクリームには、大豆、アーモンド、カシューナッツ、ココナッツ、オートミルクなど、様々な植物由来のミルクが使用されています。

植物性ミルクのアイスクリームは、牛乳由来のアイスクリームと比較して、ラクトース不耐症の人や乳製品アレルギーの人に適しています。また、植物性ミルクにはコレステロールがなく、脂肪や糖分の含有量を調整することができるため、健康にも配慮したアイスクリームを作ることができます。

ただし、植物性ミルクのアイスクリームには、牛乳由来のアイスクリームとは異なる風味や食感があります。また、植物性ミルクは乳化力が低く、アイスクリームを作るためには特別な技術が必要となる場合があります。

総じて言えることは、植物性ミルクのアイスクリームは、乳製品のアイスクリームと同じようにおいしく、健康的である場合があります。しかし、個々人の好みによって異なるため、試してみて自分に合ったものを選ぶことが大切です。

※小麦アレルギーの方は要注意

食部製ミルクを使った主なアイス商品

植物性ミルクのアイスクリームは、多くのメーカーやブランドから販売されています。
以下は、代表的な商品の一部です。

  • 大豆ミルクアイスクリーム:ソイジョイ、ソイラテ、ソイデリス、ソイフルなど。
  • アーモンドミルクアイスクリーム:アーモンドデリス、アーモンドブリーズ、アーモンドドリームなど。
  • ココナッツミルクアイスクリーム:ココノツアイス、ココヨ、ココナッツブリーズなど。
  • オートミルクアイスクリーム:オートデリス、オートミルクアイス、オートドリームなど。
  • ヘーゼルナッツミルクアイスクリーム:ヘーゼルナッツデリス、ヘーゼルナッツブリーズなど。

また、植物性ミルクのアイスクリームには、フレーバーも様々あります。代表的なものには、バニラ、チョコレート、ストロベリー、抹茶、紅茶、キャラメルなどがあります。

売れ筋の商品名は地域や店舗によって異なりますが、一般的には、ソイジョイやアーモンドデリス、ココノツアイス、オートデリスなどの商品がよく知られており、人気があります。

まとめ

乳製品の代替品って、豆の風味が強すぎたりして、今まで結構敬遠していたのですが、今回のクーリッシュは期待できそう出来そう。
個人的には、乳であれ植物性であれ、美味しければ問題なし!と考えています。
本家のクーリッシュが美味しすぎるのでそのハードルを超えるのはなかなか大変だと思うのですが、今度スーパーで見かけたら早速購入してレビューしたいと思います。

今回の商品はコンビニでは販売していません。


ロッテ クーリッシュGreen バニラ 135ml×24入

ネットでストロベリー売っていない・・・レアなのか?!(3/25)

コメント

タイトルとURLをコピーしました