40代の[ChatGPT]活用法、OpenAI、サム・アルトマンについて

PR 商品の紹介を含みます

スポンサーリンク

AI ガジェット
AI
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ChatGPTとは

ChatGPTは、OpenAIが開発した会話型AIモデルです。Generative Pre-trained Transformer(GPT)アーキテクチャをベースにしており、ディープラーニング技術を利用して、プロンプトや入力に基づいたテキストを生成することができます。

ChatGPTは、大規模なテキストデータのコーパスで訓練されており、人間のようなテキストを生成し、質問に答え、会話に参加し、他の様々な言語関連のタスクを実行する能力を持っています。このため、チャットボットの構築、コンテンツの生成、センチメント分析など、さまざまな用途に有効なツールとなっています。

ChatGPTは、より高度で洗練された言語モデルを目指す大きなトレンドの一部であり、会話型AI技術の開発における重要な一歩を意味するものです。私たちのテクノロジーとの関わり方を大きく変える可能性があり、さまざまな業界や分野に大きな影響を与える可能性があります。

ChatGPTプラス日本版、$20/月で本サービス開始予定。
・需要が高いときでも利用可能
・より速い応答速度
・新機能への優先的なアクセス

サム・アルトマン(Sam Altman)とは

サム・アルトマン(Sam Altman)は、人工知能の研究機関であるOpenAIのCEOである。また、テクノロジー業界では著名な起業家、投資家でもある。OpenAI入社以前は、スタートアップアクセラレーターであるY Combinatorの代表を務め、複数のテクノロジー企業の創業と成長に携わり、成功を収めてきた。人工知能、機械学習、起業家精神に関する専門知識で定評があり、テクノロジー関連の会議やイベントにも頻繁に登壇しています。

出生地: アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
生年月日: 1985年4月22日 (年齢 37歳)
設立した組織: OpenAI、 Loopt
学歴: スタンフォード大学 (2005年)

サム・アルトマン(Sam Altman)

Open AIという団体について

OpenAIは、人類に利益をもたらすフレンドリーなAIの普及と開発を目的に、2015年に設立された人工知能研究の主要機関です。同組織は、最先端のAI技術の開発と、AIが社会に与える影響や結果を理解するための研究に注力しています。

OpenAIは、イーロン・マスクサム・アルトマングレッグ・ブロックマンイリヤ・スーツケバーヴォイチェフ・ザレンバジョン・シュルマンなど、著名なテック界の著名人たちによって設立された団体で、サンフランシスコを拠点とし、マイクロソフト、Reid Hoffman、Khosla Venturesなど、さまざまなところから資金提供を受けています。

OpenAIは、GPT-3などの高度な言語モデルを開発し、高度な自然言語処理アプリケーションを作成し、人間のようなテキストを生成する顕著な能力を示すなど、AIコミュニティに多大な貢献をしてきました。また、数多くの研究論文を発表し、AIモデルやツールを自由に利用できるようにしています。

全体として、OpenAIは人工知能の分野を発展させ、テクノロジーの未来を形作る上で大きな役割を担っています。

ChatGPTは、Googleの検索エンジンを超えるか?

ChatGPTは Google 検索エンジンを超えることはできません。
ChatGPTは非常に大規模な言語モデルであり、多くのことを知っていますが、Google 検索エンジンは、インターネット上の情報を検索するためのツールであり、OpenAI の ChatGPT とは異なるタイプのものです。Google 検索エンジンは、全世界の Web ページをインデックスしていて、数百万ものサイトから情報を収集することができます。一方、ChatGPT は、トレーニングデータセットを使用してトレーニングされた AI のモデルであり、質問に対する回答を生成することができます。

つまり、Google 検索エンジンは、多くの情報を提供することができますが、ChatGPT は人工知能モデルであり、特定の質問に対してのみ回答を提供ることができます。

サム・アルトマンがChatGPTの活用法としてクールだと思ったもの。

OpenAIが開発した言語モデルとして、ChatGPTは様々な用途に使われており、どれが「一番かっこいい」かを判断するのは難しいかもしれません。しかし、ここでは目立つアプリケーションをいくつか紹介します。

会話型AI:ChatGPTは、質問に答えたり、ユーザーと人間のように会話したりできるチャットボットなどの会話型AIシステムの構築に使用することができます。この技術は、顧客サービスの向上、eコマース体験のパーソナライズなどに利用されています。

言語翻訳。ChatGPTは、ある言語から別の言語へのテキスト翻訳に使用することができ、異なる言語を話す人々とのコミュニケーションを可能にすることができます。

テキスト生成。ChatGPTは、与えられたプロンプトや入力に基づいて、詩、ニュース記事、さらにはコードなどのテキストを生成するために使用することができます。この技術は、Webサイトやソーシャルメディアなどのコンテンツ制作に活用されています。

センチメント分析。ChatGPTは、カスタマーレビューやソーシャルメディアへの投稿など、テキストのセンチメントを分析し、そのテキストが肯定的か否定的か中立的かを判断するために使用することができます。

これらはChatGPTの活用例のほんの一部であり、他にも多くの応用例が考えられます。技術の進歩に伴い、さらにエキサイティングで革新的な使い方が発見される可能性があります。

ChatGPT の活用法として、最悪なものは?

あらゆるテクノロジーと同様に、ChatGPTやその他のAIモデルは、有害または非倫理的な方法で誤用または適用される可能性があります。以下はその例です。

誤報の拡散。フェイクニュースの記事など、AIが生成したテキストは、誤った情報の拡散や世論操作に利用される可能性があります。

プライバシーの侵害 ChatGPTやその他のAIモデルは、適切な同意や規制なしに、個人データや財務記録などの機密情報を収集・分析するために使用される可能性があります。

偏見と差別。ChatGPTを含むAIモデルは、偏ったデータで学習させた場合、既存の偏見や差別を永続させたり増幅させたりする可能性があります。その結果、雇用や住居の機会を奪うなど、不公平で有害な結果を招く可能性があります。

雇用の喪失。ChatGPTやその他のAIモデルは、多くの仕事を自動化し、労働者の雇用喪失や経済的変位につながる可能性があります。

ChatGPTを含むAIモデルは、社会への潜在的な影響を考慮し、責任を持って使用することが重要です。これには、多様で代表的なデータで学習させること、AIアプリケーションを開発・展開する際に倫理的・法的な配慮がなされることが含まれます。

40代のChatGPT活用法

40代の方々がChatGPTを活用するためには、様々な用途があります。以下はいくつかの提案です。

  1. ビジネス用途:ChatGPTを使って、書類の作成やメールの作成など、文書作成業務を楽にすることができます。
  2. 個人用途:ChatGPTを使って、日常のコミュニケーションや学習のサポートなど、自分自身のライフスタイルを向上させることができます。
  3. エンターテイメント:ChatGPTを使って、ジョークやエンターテイメント的な内容を作成することもできます。
  4. 学習:ChatGPTを使って、様々なトピックについて学習することができます。
  5. カスタマーサポート:ChatGPTを使って、顧客からの質問に対するサポートを行うことができます。

これらはあくまで一例ですが、ChatGPTを活用することで様々な用途に利用することができます。

まとめ

ChatGPT画面

今回の記事、ChatGPTとDeepLを活用して30分くらいで書きました。恐るべしAIです。。。
こんなのいくらでも記事量産できますよね・・・
が大切なのは、情報の精査
まだまだこの手のAIは不完全ですので、間違った情報を提供される場合もあります。

上記のような事例があると、粗探しして空売り仕掛けて荒稼ぎするような輩も出てきそうで・・・・

が、世の中の流れではあるので、40代の皆様は動向を注視しておく必要があります。

活用方法については、なかなかハードル高いものですが、これから精度がよくなって行くとこれは色々な事が起きそうですね。

タイトルとURLをコピーしました